今年の3月21日(春分の日)に、見附島(別名・軍艦島)周辺に残る、空海伝説を訪ねるウォーキングを開催します。
見附島は空海が佐渡島から能登に渡ってきた際、最初に目についたのが島だと言われ、空海が見つけた島だということでこの名がついたと言われています。
島のある宝立地区には、空海が足を洗った池とか彼が開基したお寺など、空海に由来する伝説が多く残っています。
今回は、見附島から空海が開基したとされる法住寺まで辿り、そのお寺から白山神社を経て天然記念物に指定されている大杉・地蔵杉を見て見附島に戻る約10キロを地元のガイドとともに歩きます。
参加ご希望の方は、すずなりまでお申し込みください。
当日の日程は下記のとおりです。

【空海ウォーキング】日程
 9:30見附島集合
10:00開会式後出発
12:00法住寺にて昼食
13:00法住寺出発
15:00見附島到着・解散

※参加募集人数:20名  締め切り3月10日  
 参加費 お一人様3,000円(昼食代・保険料込み)
詳細、お問い合わせについては道の駅「すずなり」まで  TEL:0768-82-4688