小さい頃は、雪が積もった朝、真っ白なキャンパスに自分の足跡をつけたりダイビングで人型をつけたり、そして雪の上に残された動物たちの足跡を追ったりと、時間を忘れ野山を駆け回っていました。
スキーやソリなど売っている店もないので、自分たちで竹スキーやソリを作ったりと冬の野山は子供達の遊び場でした。
最近では、寒さに震えるばかりで暖かな部屋に引きこもってばかりいますね。

さて、そんな子供時代を思い出させるイベント案内が、上黒丸の「かみぐっどまる」さんより届きました。残念なことに所用で参加ができませんが、興味があるある方、行ってみませんか。詳細は、添付のチラシで。