能登半島の冬の風物詩といえば「波の華」。「波の華」は、海が荒れ気温が低くなると見られ、岩礁に荒波が打ち寄せ、白い泡と化した波が強風に煽られ舞い上がるさまのことを言います。
今朝の能登の海は、その「波の華」が見られる寸前の様相を見せていました。

そして、「波の華」が見られるようになる季節の風物詩といえば、冬の味覚の一つ「岩ノリ」採りです。岩ノリは
寒いこの季節でしか採れない貴重な海藻です。そして、この地方の雑煮には必ずこの岩ノリが使われ、正月に欠かせないものです。そのため、多少の荒波でも皆さん岩ノリ採りに海に出ます。


岩ノリがさわやま入った雑煮は、潮の香がたっぷりのこの地方特有のもの、一度食べるとやみつきになります。

この季節ならでわの風物詩、冬の奥能登を堪能しに是非おいでください。